スポンサードリンク
一人 暮しは学生、女性、老人などさまざまです。部屋、生活費、料理、節約、防犯など気になることもそれぞれ違います。インテリア、収納、模様 替えなどでの部屋 作りは節約 生活をしながら、知恵を使いながら楽しむことがお薦めです。

2006年12月27日

一人旅 海外(注意ポイントB)

一人暮らしの方は、旅行中のペットの管理どうしていますか?旅行に行きたいけどペットを飼っているので行けないという人も多いと思います。

こんな時は空港のペットホテルを利用してはいかがでしょうか。空港のペットホテルだと、出発ギリギリまで一緒にいられますし、帰国したらすぐ迎えに行けます。

空港ペットホテルを使うコツは、早めに予約を入れることです。また、ワクチン予防接種を済ませておくことも必要です。

年末年始ゴールデンウィークは満室が予想されます。早めに押さえておいたほうがいいでしょう。成田国際空港、関西国際空港など海外への玄関口となる空港にはペットホテルがあります。旅行の計画を立てるときは、早めにチェックしておきましょう。




スポンサードリンク
posted by 一人暮らし at 09:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

一人旅 海外(注意ポイントA)

海外の一人旅をする上での服装についてのポイントです。まず、かさばらないものを選ぶことがコツです。パッキングのコツにもつながりますが、服を丸めてバックに詰める方法がベストです。

ニットのセーターなど厚地の服は避けるようにします。長袖の下着やナイロンのパーカーなど、薄くて保温性の高いものを選ぶようにします。女性の場合スカーフを持っていくと便利です。襟元の防寒にも役立ちますし、おしゃれにもなります。

洗濯物になりやすい靴下や下着は、ナイロンなど合成繊維素材にすると洗ってもすぐに乾かすことができます。木綿は乾きにくいので避けたほうが無難です。また合成繊維のものはしわになりにくいので、スカートやシャツなども合成繊維のものが便利です。

旅行のときは普段の何倍も歩きます。そのため靴は最も慎重に選ぶ必要があります。負担がかからず歩きやすい、クッションのよいものを用意しましょう。


スポンサードリンク
posted by 一人暮らし at 09:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2006年12月26日

一人旅 海外(注意ポイント@)

海外で、一人旅を楽しむために押さえておきたい、注意しておくべきポイントをいくつかまとめてみました。

[飲食について]
一人旅は自由気ままで楽しいものですが、一番気をつけたいのは病気です。一人で旅をするということは、介抱してくれる友人や家族もいないということです。では何に注意すればよいのでしょうか?まずです。国にもよりますがミネラルウォーターは必需品です。

シャワーの水さえ茶色に濁っていることがあります。歯磨きやうがい用にも使えるように、ミネラルウォーター1本は常備しておいたほうがよいでしょう。また、にも注意が必要です。不衛生な水を凍らせている場合があります。胃腸の弱い人は避けたほうがいいでしょう。氷の入っている飲み物も飲まないようにすることです。

次にです。川魚には寄生虫が付いていることがあります。魚や貝類などには、火がきちんと通っているかを確認して食べるようにしましょう。体調が悪いときや疲れているときに、辛すぎるものや脂っこいものを食べると、胃がもたれたり、腹痛に襲われることもあります。調子が悪いなと感じたら、欧米であれば暖かいスープ、アジアであればお粥や麺類などで調子を整えましょう。

外国で病気になると、自分の体に合った薬を手に入れることが難しいものです。安心の為にも、日本からいつも使っている胃腸薬や風邪薬を持って行くことをおすすめします。

スポンサードリンク
posted by 一人暮らし at 18:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行
初めて賃貸、マンションでの一人 暮しの準備をする場合、部屋 探しも大切ですが生活費(光熱費、食費)、必需品、ペットなども考慮しましょう。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。