スポンサードリンク
一人 暮しは学生、女性、老人などさまざまです。部屋、生活費、料理、節約、防犯など気になることもそれぞれ違います。インテリア、収納、模様 替えなどでの部屋 作りは節約 生活をしながら、知恵を使いながら楽しむことがお薦めです。

2007年01月06日

中華鍋 メンテナンス

油ならしって、知ってますか?鉄製の中華鍋は、買ってからすぐには使えません。錆止めワックスや保護被膜が塗られているので、それを落とす必要があります。

油ならしの方法は、まず軽く水洗いした後、ガスコンロを強火にして、中華鍋の外側と内側をまんべんなく空焼きしていきます。保護被膜が焼き切れる際、白い煙がもくもくと出てきますので、換気扇を回しておきましょう。だいたい30分くらいかかります。完全に焼き切ったら、鍋が冷めてから、洗剤で焼ききった被膜を洗い落としていきます。火を消しても、鍋は高温の状態になっています。やけどや火災にはくれぐれも気をつけてください。

次に鍋の水分をとってから、強火で熱します。しばらくすると、白い煙がほんのりと鍋から出てきます。大目の油(なべ底1/4くらい)をいれて、中華鍋の内側全体に油をなじませます。5分ほどしたら、軽く水洗いをします。また強火で熱し、白い煙が出たら油をいれ、鍋に油をなじませます。クズ野菜をいれて5分くらい炒めることにより、使い始めの鉄くささがとれ、また焦げ付きにくくなります。あとは、中華鍋を洗って終了です。中華鍋を洗う時は洗剤を使わないのが基本です。







スポンサードリンク
posted by 一人暮らし at 11:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 料理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
初めて賃貸、マンションでの一人 暮しの準備をする場合、部屋 探しも大切ですが生活費(光熱費、食費)、必需品、ペットなども考慮しましょう。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。