スポンサードリンク
一人 暮しは学生、女性、老人などさまざまです。部屋、生活費、料理、節約、防犯など気になることもそれぞれ違います。インテリア、収納、模様 替えなどでの部屋 作りは節約 生活をしながら、知恵を使いながら楽しむことがお薦めです。

2009年06月07日

一人暮らし 湿気対策B

カビ対策の基本といえば換気です。ダニ対策も、湿度を抑えることと掃除が基本になります。そのために、結露ができないようにすることと、結露が出たらこまめにふき取ることが必要です。 ほとんどのカビは、温度が10度以下になると動きが鈍くなります。
(扉の開閉がはげしい夏場の冷蔵庫の中で繁殖することはあります)また、多くのダニは温度が20度以下で活動がにぶり、35度以上になると生育できません。湿度が55%以下になると死亡率がぐんと高くなります。カビ・ダニを防ぐ部屋の住み方のポイントです。

[1年を通じて注意すること]
○晴れた日は窓を開けて風を通し、換気する。押入のふすまも開けっぱなしにする。
○換気扇をこまめにまわす。食卓で鍋料理をしたり、食器洗いの時も忘れずにまわす。
○換気扇をまわすときは空気の取り入れ口を作るようにする。(どこか、一箇所窓を開ける)
○外出の時も防犯上可能な限り、閉め切らず外の空気が流れるようにする。
○エアコンや除湿機を活用する。
○洗濯物を室内に干さず衣類乾燥機を使う。ただし、電気式の場合は、乾燥の際に出る湿気の3割〜5割を室内に排出するので、 同時に換気扇をまわす必要があります。どうしても室内干しになる場合は、脱水を強めにして最初の2〜3時間は外に干します。その後、エアコンの除湿機能や除湿機のそばで干します。洗濯物に扇風機や冷暖房の風を直角に当てると早く乾きます。
○家具と壁の間にすき間を作って空気の流れを作る。
○ガラス窓や壁にできた結露はこまめにふく。
○カーテンやドアはまめに開閉し、空気のよどみを作らない。
○暖房をしている時は寝る前に5分間窓を開放し、外気と室内の温度差をなくして結露を防ぐ。




スポンサードリンク
posted by 一人暮らし at 09:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 住居
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
初めて賃貸、マンションでの一人 暮しの準備をする場合、部屋 探しも大切ですが生活費(光熱費、食費)、必需品、ペットなども考慮しましょう。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。