スポンサードリンク
一人 暮しは学生、女性、老人などさまざまです。部屋、生活費、料理、節約、防犯など気になることもそれぞれ違います。インテリア、収納、模様 替えなどでの部屋 作りは節約 生活をしながら、知恵を使いながら楽しむことがお薦めです。

2006年12月30日

シングル 医療保険

シングルの人はあまり保険について真剣に考えないのではないでしょうか。しかし、シングルの人にとっても保険は必要なものです。今まで大きな病気をしたことがないからと保険に入っていない人もいるかもしれません。でも考えてみれば、保険は元気なときしか入れないのです。病気になってからでは遅いので、真剣に検討したいものです。シングルの人の保険は、親などを扶養している人でない限り、高額な死亡保障は必要ありません。そのかわり、病気やケガなどの生存中に起こるリスクに備えることが必要です。自分の身体は自分で守るという意味でも医療保険で備えるようにしましょう。

[目 安]
・会社員の場合
入院日額5000円〜7000円程度
・フリーランスや自営業の人
収入減のことも考えて入院日額1万円程度
最近は1泊2日の入院で給付金がおりるタイプが主流です。でも同じ1泊2日からの保障でも保障期間や最長何日間の入院まで保障されるかなど、様々な条件が違っています。医療保険を選ぶときにはきちんとチェックしましょう。

[チェックポイント]
・入院日額はいくらか
・入院何日目から、保障が開始されるか
・1回の入院で何日まで保障されるか
・保険期間中、通算で何日まで保障されるか
・保障期間は何歳までか、終身か
・死亡保障はついているか。その額はいくらか
・保険料の払込はいつまでか
・手術給付金はいくらか
・退院祝金や通院保障はついているか(その条件と額はどうなっているか)
・成人病や女性疾病の保障はどうなっているか
・無事故給付金はついているか(その条件と額はどうなっているか)
・その他、どのような保障がついているか

同じ入院日額を保障するものであっても、1回の入院が60日、120日、730日などの違いによって、保険料は異なりす。また、同じ商品でも保険料を終身で払い続ける場合と、60歳払い済みにする場合とでは月々の負担は大きく異なります。種類の同じ保険について各社の商品を比較するには、上記のようなチェックポイントで、できるだけ条件を揃えて検討してみることが大切です。

保障を手厚くすれば毎月の保険料は高くなります。短い入院で保険金が給付されるほうがいいのか、それとも長期入院に備えたいのか、自分で一番不安な部分は何かを考えて、それをカバーしてくれる保険を選ぶようにします。また、医療保険は基本的に掛け捨てです。保険ですべてカバーしようとしないで、貯蓄と両方で備えるのが賢い方法です。






スポンサードリンク
posted by 一人暮らし at 10:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家計
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
初めて賃貸、マンションでの一人 暮しの準備をする場合、部屋 探しも大切ですが生活費(光熱費、食費)、必需品、ペットなども考慮しましょう。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。