スポンサードリンク
一人 暮しは学生、女性、老人などさまざまです。部屋、生活費、料理、節約、防犯など気になることもそれぞれ違います。インテリア、収納、模様 替えなどでの部屋 作りは節約 生活をしながら、知恵を使いながら楽しむことがお薦めです。

2006年12月29日

入院保険 ポイント

一人暮らしでも入院保険に入った方がいいという場合は、まずは、個人事業主の方です。サラリーマンでしたら、入院等で会社を休むことになっても健康保険から「傷病手当」が出ますので、ある程度は生活費が保障されます。しかし個人事業主が加入するのは国民健康保険です。国民健康保険には、「傷病手当」という制度はないので、いざという時のリスクヘッジを計っていかなければいけません。その一つとして入院保険の補償内容は役立つことでしょう。そして問題なのは、健康保険では「高度先進医療」という最先端の医療技術が対象外ということです。

がんの治療法は粒子線治療など、新しい治療法が次々と出ています。いまや、がんは不治の病ではなく、治す病気になりつつあります。ただ、せっかく治る可能性があるのに、全額実費、健康保険対象外など、お金の問題で諦めざるをえないこともあるのです。そんな時に安心できるのが、入院保険の特約などで、この高度先進医療をカバーしてくれることです。ただ、保険会社によって、カバーする高度先進医療の治療法、補償額はさまざまです。よく確認することがとても重要です。

結局、保険選びとは、その人がどこまで安心を求めているかにかかっています。自分の健康に絶対の自信があるのなら、健康保険もありますし、わざわざ民間の保険に入る必要はありません。それでもなお、保険に入りたいと思うのであれば、保険のセールスマンなりおばさんに説明されたことを鵜呑みにしないことです。自分はここが心配で、こんなリスクを避けたいと思っているといったことをきちんと伝えることが必要です。

インターネットで手軽に保険の申込みをできるようにはなりましたが、直に会って話を聞くのが結局ベストなのです。ネットでは資料請求くらいまでにしておき、後は、直接、膝を突き合わせて自分の保険プランを練り上げましょう。月々2000円でも何十年と入れば、それなりの金額になります。キチンと時間をかけ、納得してから契約したいところです。



スポンサードリンク
posted by 一人暮らし at 15:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家計
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
初めて賃貸、マンションでの一人 暮しの準備をする場合、部屋 探しも大切ですが生活費(光熱費、食費)、必需品、ペットなども考慮しましょう。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。